GⅠってなに?レースについて

Pocket

■レースの”格”で楽しむ競馬

競馬のレースには、「格(ランク)」があります。
大きなレースには、グレード(通常「G」または「jpn(ジャパングレード)」と表記)があり、グレードワン(GⅠ)グレードスリー(GⅢ)までがあります。
このようなレースは、勝った時の賞金が高く設定されており、その分選ばれた馬しか参加することはできません。
特に、GⅠ(ジーワン)と呼ばれる核のレースは、出ることも勝つことも難しく、もし勝つことができれば、馬にも、騎手にも、馬の持ち主(馬主)にとっても大きな名誉となります。
そのGⅠレースの中でも、特に、6月に開催される日本ダービー競馬の祭典と呼ばれ、最も大きなレースのひとつです。
馬主としてダービーに勝つことは最も大きな夢であり、ヨーロッパでは、「一国の宰相(総理大臣)になるよりも、ダービーを勝つ馬のオーナーになる方が難しい」と言われるほど高い格のレースで、日本でも例年盛り上がります。
なぜ難しいかと言えば、まず、出場できる馬に年齢制限があること。ダービーは、3歳の馬しか出ることができません。また、全ての馬主、騎手はこのダービーを目標にしており、まさに「競馬の甲子園」といってもよいでしょう。
このダービーに代表されるような、年齢制限がある大きなレースをまとめて「五大競争」と呼びます。
男馬は、5月に開催される「皐月賞」「日本ダービー」秋に開催される「菊花賞」。女馬は、春に開催される「桜花賞」。女馬にとってのダービーである「オークス」をまとめた呼び名で、これらのレースに勝つことは大きな名誉とされており、特に、「皐月賞」「日本ダービー」「菊花賞」の全てで勝つことは、三冠を制するとされ、その馬は三冠馬と呼ばれます。
このように、レースの格によって出場する馬のレベルに差があり、高い格のレース程、強い馬が集まり、レースがエキサイティングになる傾向があります。自然と、多くの人が注目し、規模も大きくなります。
格が全てではありませんが、レースの格に注目して競馬を見てみるのも良いものでしょう。

Separator image .