競馬の基本

Pocket

■そうだ、ケイバに行こう!?

競馬場、というと、皆さんはどんなイメージを持ちますか?
なんとなく、ギャンブル好き。しかも、その中でもディープな層が集まり、怖そうな中年男性がたくさんいそうなイメージ。
確かに、それは間違っていないかもしれません。ですが、今競馬と、競馬場は大きく変わっています。
たとえば、東京の府中競馬場。
大レースがある時は別ですが、それ以外のタイミングでは、開放感ある広い場内で、レジャー感覚で楽しむことができます。
女性や、若い人たちが訪れる数も増えており、ギャンブルをしなくとも楽しめる空間になっています。
テレビの番組の中でも、ギャンブル以外の部分、乗馬体験ができたり、グルメが楽しめたり、といった部分で注目されていることも増えており、のんびり日曜日を楽しみたい場合に、ひとつの選択肢になっていくのではないでしょうか。
もちろん、馬券(勝ち馬投票券)を購入し、スリルと興奮を味わうこともできますし、お気に入りの馬や、騎手を見つけ、それを追いかけることもできます。
楽しみ方は、千差万別、十人十色。
次の週末、競馬に行ってみませんか?

 

■知っておきたい競馬の基本

photo0000-4261競馬とは、競走馬のレースに対し、お金をかける公営ギャンブルです。
中央競馬地方競馬に分かれ、中央競馬は原則土曜、日曜に開催され、地方競馬は競馬場によって異なる日程で開催されます。
また、ひとつの競馬場で常に開催しているわけではなく、持ち回りで行われるため、そこにも注意する必要があります。
レースは、通常のレース(平場、と呼ばれます)と障害レースがあり、平場のレースの方が、レース数自体は多いです。
また、平場のレースは、のコースを走るレースと、ダート(土)のコースを走るレースに分かれます。
こういった、基本的な特徴をまず知っておきましょう。
競馬の主役はもちろん、競走馬ですが、同時にそれに乗る騎手も注目されます。
競馬をあまり知らない人でも、「武豊騎手」や、「ディープインパクト」といった名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
こういった、馬や騎手に注目するのも競馬の楽しみの一つです。
最近では、女性騎手として藤田菜七子騎手がデビューし、そのルックスと共に話題となりました。
こうした、話題になった馬や騎手を見るために、競馬場に足を運ぶのも良いでしょう。ただし、機種にせよ馬にせよ、全てのレースに登場するわけではありませんので、そこは注意が必要です。

 

■馬券を購入するには?

pak75_windsjyougaibakenjyoude_tp_v勝ち馬投票券は、まず未成年は購入できませんので注意が必要です。
1口100円から購入することができ、その種類は様々です。代表的なものとしては、1着の馬を予想してあてる「単勝馬券」。1着と2着の馬を当てる「連勝馬券」があります。
連勝馬券の中には、1~2着だけでなく、1~3着や、それ以上の着順を充てる馬券もあります。
基本的には、当たりにくい形式の馬券ほど、当たった時の払い戻し金額は大きくなる傾向があります。
馬には、レースで早い馬もいれば、そうではない馬もいます。勝ちそうな馬にはたくさんの人が投票します(お金をかけます)ので、その馬が勝ったとしても、払い戻しの額は少なくなります。
このような、賭けたお金が戻ってくるときの倍率を「オッズ」といい、オッズが大きければ大きいほど、当たる確率は少なくなるとともに、当たった時の払戻金額は大きくなります。
競馬の、ギャンブルとしての醍醐味のひとつには、強いとされる馬や、名手とされる騎手がいつでも勝つとは限らない部分があり、しばしば大きな金額の払い戻しが行われます。
馬券は、競馬場や、各所にある場外馬券場。また、インターネットでも購入することができます。
基本的には、馬券を買いたいレース開始の5分前までが、購入の期限です。
もし、競馬場で馬券を買いたいなら、締切直前は混雑しますので、余裕をもって馬券を買うようにするとよいでしょう。